Chikanism

現実と非現実のあいだ

人生のつらい日々は、推しと乗り越えてきた

少し前に書いた記事がおすすめに載っていたようで、たくさん星をもらってて驚きました。

しばらく更新してなかったこのブログを最近ちょこちょこ更新してるのは、やっぱり何か書かないと思考が深まらないからです。たまには色々書いて考えようと。

 

 

 

私の20代前半までは、長らく推しがいる人生でした。

中学生の頃はアニメにハマり、高校生の頃はビジュアル系バンドにハマり、大学生の頃はK-POPにハマっていた。

 

先日久々に、大好きだったBIGBANGの曲をYouTubeで流すと、蘇ってきたのは実習に行っている頃の記憶だった。

当時薬学部5年生だった私は、薬局・病院に2.5ヶ月ずつ実習に行くことになっていた。薬剤師になりたくない私にとってはこれは苦痛でしかなく、毎日重い足取りで実習先に向かっていた。

薬局・病院ではそれぞれつらいポイントは異なっていて、薬局ではとにかく仕事が単調なこと(実際の薬剤師はそうでもないかもしれないが、実習生ができる範囲のことは少ないのだ)。そして隣の消化器内科の門前薬局だったため、お昼の12時を過ぎて午後診が始まるまではとてつもなく暇で、耐え難く眠かった。

このときは立っていても寝そうなくらいで、自分の健康状態を心配するほどだった。

病院でつらかったことは、毎日の日報と、同じ時期に実習に来ている同期たちが定刻を過ぎても帰宅せず居残りで勉強をしていているなか一人だけ颯爽と帰ることだった。

日報は学んだことを書くのだが、まさにブログのような感じで図解などもできず、ただただ文字を連ねるだけで、とても役に立っているとは思えなかった。しかし簡素に済ませると大学の教授から真剣に取り組みなさいとお達しが来るのだった。

そして勉強熱心な動機を横目に、18時半からの塾のバイトにひとり向かう私。いたたまれない気持ちを押し殺して、働いて貯めたお金でミラーレスカメラを買った。

 

そこまでつらい原因は、根本的に興味がないことである。そのうえ、服装や身だしなみなどの規律が厳しいので、苦痛でしかなかった。

私は毎朝BIGBANGのミュージックビデオを流しながら身支度し、曲を聞きながら実習先へ向かった。休みの日はライブにも赴いた。

BIGBANGを聴くと、あのときのことを思い出す。私を支えてくれたのは間違いなく彼らであった。

 

また、中学時代に私はいじめられたことがあり、限られた数人しか友達がいなかった。学校も嫌いで、辞めたかった。中高大まで一貫だったが、進学のたびに外部へ出ることを試みたが、ことごとく親に阻まれた。

公立の高校に行きたいと言っては「治安がよくないからダメ」と言われ、大学に行かずに専門学校に行きたいと言ったら「大学だけはどうしても出て欲しいから、専門学校に行きたいなら卒業してから行きなさい」と説得された。

いじめの真っ只中の中学2年生のときは、学校に向かう電車の中で吐き気を感じることが多かった。そんなときはBLEACH銀魂のコミックスを持参し、読んで気分を紛らわせていた。あれがなければ登校できなかっただろう。

(いじめと言っても仲間はずれにされたり、私に対してだけ言葉遣いがきついとかその程度)

 

高校に入ってからは特別いじめられもしなかったが、理系クラスになったので仲良しの友達がクラスにひとりもおらず、常にぽつんと過ごしていた。

そんな私の癒やしはMUCCだった。当時の生きがいでさえ会った。お小遣いやお年玉を貯めて、音源やライブに費やした。MUCCが「生きる価値もないような世界を愛してる」と謳うから、私も世界を愛そうかと思えた。

 

 

こうして振り返ると、つらいときはいつも推しがいてくれた。推しは素晴らしい存在だ。

つらい日々を乗り越えるための原動力になる。

 

大学1〜3年生のときや、社会人になってからは忙しく、それなりに楽しく日々を送れてきたため、どっぷりとなにかにハマることはなかった。

それに、ハマることが怖くなってしまった。

 

周りのファンを見て、推しに対する愛の深さを比べてしまうのだ。私はそこまで真剣になれない、それって本当に愛なのか?と。

また、推しの一言や言動はもちろん、スキャンダルや脱退など様々な外部要因に気持ちが振り回されることにも疲れてしまった。推しが亡くなったこともあるし、解散もしたし、脱退もあった。

コントロールできない事象に心が浮き沈みすることがつらくなってしまったのだった。

 

とはいえ、今までのつらい日々はずっと推しとともに生きてきた。かけがえのない存在だった。

今は推しがいなくても生きていけるくらい穏やかな日々だけど、推しと過ごした日々も愛おしく、懐かしく思う。

男女の友情の、超えられない壁

私には仲良しの男性の友達が2人いる。いつも3人で会う。

新卒で入った会社の同期で、私が入社後1年3ヶ月ほどで退職したあとによく遊ぶようになった。

 

最初は友人宅でお酒を飲みながらアイドル番組を見ていた。誰かの家で集まってアニメを見たり、ご飯を食べに行ったり、アクティビティにも色々取り組んだ。

今では月に1回は会って出かける。年に1〜2回は旅行にも行く。

私の地元に遊びに来て、両親に会ったこともある。

 

今はもうみんな違う職場にいるが、グループLINEでも頻繁にやりとりをする。社会人になってからできた、かけがえのない友人だ。

 

私は男女の友情は成立すると思っている。性別より前に、友情があるのだ。

でも、一緒に過ごしている中で、どうしても性別を意識せざるを得ない瞬間がある。それは例えば更衣室だし、旅館での着替えや大浴場だし、遊びの途中で寄る銭湯だ。

旅行にでかけて一緒の部屋に泊まるのも、家を行き来するのも違和感はないけど、さすがに同じ場所で着替えはできないし銭湯でも別々になる。

 

私以外の二人はサウナ好きで、よく私抜きでもサウナに行ったりしているが、私はそこに混ざることができない。

性別なんて関係なく仲良く、一緒にいたいのに、私達の間にはいわゆる性別という超えられない隔たりがあるのだ。

 

別に一緒に共有できないものがあってもいい。一緒に風呂に入りたいとかそういうわけじゃない。

でも、過ごす時間が性別によって断絶されることで、友情と性別は両立できないような、途方も無い気持ちになってしまうのだ。

 

 

世の中には、男女の友情は成り立たないと主張する人もいる。恋人がいたら異性とは遊ばないという人もいる。恋人に異性と遊ばないでほしいと思う人もいる。

 

私は異性愛者なので、私にとって恋人は、大切な友人であり、わかりあえるパートナーであり、男女として向き合いたい相手でもある。

でも、友情には性別は関係ないのに。なのに、節々で、超えられないような気持ちになってしまう。私にはそれが、切なく、悲しいのだ。

プチ整形した話

去年の春、私は二重整形をした。

きっかけは、友人の整形ツイートを見たことだった。ずっといつかしたいと思っていたけど、身近な友人の口コミを見ると、やろうと思えたのだった。

 

ちょうどコロナ禍で、対面で人に会う機会は少ない。マスクをしても目は見えるけど、二重埋没ならダウンタイムも比較的短めというし。

アプリでいくつかのクリニックを調べ、口コミを見て決めた。予約は簡単にできた。

 

当日はクリニックで看護師さんからカウンセリングを受けた。その後医師の診察があり、プランの説明があった。

どのプランにするか選べばすぐに施術を受けられる。

私はダウンタイムが短くなるよう細めの糸を選んだが、大きな支出もきつかったので2点留めにした。

 

施術は一瞬で終わった。麻酔をされる瞬間は怖かったがすぐ終わり、その場では痛みもなかった。

ただ帰り道には痛みが強くなってきたので、ロキソニンを飲んだ。その後2日くらいはそれなりに痛かった。

埋没では糸がとれてしまうこともあるらしく、その場合はいつでもやり直せる保証つきのプランにしたが、できればもう2度とやりたくない。

 

埋没でこれなら切開はどんなに大変なのか…気が遠くなる。

 

ただし得たものは大きかった。

物心ついた時から嫌いだった重たい一重瞼とおさらばできたのだ。

マツエクもアイプチもいらない。アイシャドウが楽しい。メイクが楽。すっぴんでいられる。

 

私にとってはコンプレックスでしかなかった一重瞼が、メイクしなくても二重でいられることはQOLもあがったし幸せだった。

自分の顔がちょっと好きになれた。

 

人生でやって良かったことナンバーワンである。(ちなみに2位は歯列矯正で3位は全身脱毛)

私は長い呪いから解放され、何もしない自分を受け入れられた。そのための整形からこんなにいいことはない。悩んでないで早くすればよかった。

自分で選べるということ

小学校のお受験に始まり、中学受験、大学進学(中高大一貫だったけどほんとは行きたくなくてゴネてた)、学部選択まですべてが私の意志ではなかった。

親の選択で、それ以外は選べなかった。

大学でなく専門学校に行きたいと言った私の希望は却下され、結果として薬学部に進学した。

それは親の意志だったにも関わらず、大学の愚痴をこぼすと「学費を払ってやってるのに。そんなに嫌なら大学辞めれば?」などと言われるのだった。

その度に私は産んでくれとも頼んでないし学費の高い私立に通わせてくれなんて一度も言ったことがないのに、学費を盾に子供を脅すなんて卑怯だと内心思ってきた。言わなかったけど。

 

そんななか、6年生の時に留学した。これは私の意志だった。猛烈に行きたいと思い、親に頼み込んだ。

(これは費用をすべて出してもらったので本当に感謝している)

 

そして、就職。免許を使わずに一般企業に就職したのは私の意志だった。親の期待通りではなかっただろうけど、親はもう何も言わなかった。

そして2回転職をして、引っ越しをした。これも全て自分で選び、決めた。

 

自分で選ぶことは大変だ。たくさんの選択肢の中から吟味して意思決定をしなければならない。

でも自分の人生を自分で選べることは、紛れもなく幸せである。どう転んでも自分の責任なのだ。他人のせいにはできない。

 

自己責任のもとの自由。苦しみもあるけど楽しみも大きい。

なんでも自分で決められるのは、一人暮らしで独身という状況もあるだろう。とてつもない幸せと楽しさを噛み締めている。

 

なんだって自分で決められるのだ。決めないのも自分だ。

「好きなもの」は突き詰めない

「好き」は突き詰めない方がいい。なくなっていくから。

 

私は好きな食べ物を買いだめするタイプだ。でも、食べ続けるうちに飽きて嫌になってしまう。

ココナッツポッキー、グラノーラ、チョコレート。

美味しいと思って同じものばかり食べていると、反動でもう2度といらないという気持ちになる。

 

学生の頃、分子生物学に興味を持った。研究室はそれに近い分野を選んだが、深く知ると(研究すると)難しくて嫌になった。

知りすぎると、嫌な面を知ってしまうのだ。(浅い)

 

化粧品が好きだった。

メイクさんになりたいと思っていたほどだ。結局、専門学校には行けなかったので、製薬メーカーで化粧品を作れたらいいと思い薬学部に進学した。

回り回って美容系の会社に就職したが、別にそこまで化粧品が好きではないことに気づいた。

情報収集も人並みだし、たくさんのコスメを買い集めたいとも思わない。コスメコンシェルジュの資格もとったが、とってみてわかったことは「そんなに興味がない」ということだった。

 

私が好きなのは「化粧品を使って自分を良くすること」であり、化粧品自体にはそこまで興味がない。

成分にも特にこだわりもないし、調べたりもしない。

 

こうやって好きだと思うことを突き詰めていくと、だいたいの場合「そこまで好きでもない」という事実に気づく。

それは周りに「その対象のことがもっと好きな人」がいるからでもある。好きには勝てないのだ。

 

好きなものは突き詰めるものではない。

少し距離をとって楽しむ程度が一番良いのである。私には。

一人暮らしは最高だった

初めて親元を離れたのは大学6年のとき。

祖父が入院し、祖母が一人暮らしになったのでサポートするために祖母宅に住みはじめた。

とは言っても実家からは車で5分ほどの場所だった。それでも格段に交通の番は良くなった。マンションから歩いて数分でバス停があるのだった。

 

私は祖母と暮らしていたけど、研究やバイトで遅く帰ると祖母は先に寝ていることが多かったので、半分一人暮らしだった。

帰ってきたらメールしてね、は祖母の口癖だった。

 

その後私は半年間カナダに住んだ。

そこでは最初はホームステイをして、その後ルームシェアにうつった。

ホームステイではみんな成人しているので基本は自由だが、ご飯は作ってくれる。門限はないがシャワーを浴びる時間に制限があった。

 

その次のルームシェアでは完全に自由だった。何時に帰ってもいいし、シャワーも自由。

ご飯の準備はないし、一緒に過ごす時間もない。ここで私は、初めて本当の自由みたいなものを手に入れたのだった。

いつ誰とどこに行くのか、何時に帰るのか、夕飯はいるのか。それを報告する必要もないし相手もいない。

 

大学6年まで実家にいた私は、それまではずっとその窮屈さを感じていた。

駅から家が遠かったため送り迎えが必須だったので、必然的に毎日帰る時間に連絡しなければならなかった。送り迎えをしてもらっているという後ろめたさのようなものもあった。恩を着せられているような。

出かけると言えばどこに行くか誰と会うのか聞かれる。グループ旅行では本当に部屋は女子だけなのかの写メを送らされ、彼氏と旅行に行こうとすれば大学を辞めさせられそうになった。

 

そんな生活だった私には、完全に1人で自由なカナダ生活は、とてつもない解放感に溢れていた。

誰も私を待ってない。帰る時間を報告する相手もいない。とはいえ遊ぶ相手もあまりいなかった。

それは自由で、気ままで、寂しくもあった。

 

 

そして東京にきて早5年。

いまだに関西弁をゴリゴリ話す私も、一人暮らしに完全に慣れてしまった。開放感も特にない。

でもこれが当たり前。

自分で朝起きて、毎日食べたいものを作って、好きなことに時間を費やす。食べなくたっていいし、寝ててもいいし、ぼーっとしてても誰にも何も言われない。

 

そんな日々って、最高やん。やっぱり。

また誰かと住む日がくるかもしれないけど、とりあえず気ままな一人暮らしは最高。

苦手なこと

私は大勢の人がいる場所や賑やかな場所が苦手だ。

社会人1-2年目まではそうでもないと思っていたけど、会社の飲み会に行くと何も話せず、どの場所に座っても私は盛り上がらず黙って時間を過ごしていた。

5人くらいまでなら楽しくいられる。それが大勢になると無理なのだ。

 

昔からよく喋る方でもなく、人付き合いもよくなく、テンションも低め。

家族にも全然喋らないねと言われてきた。マッチングアプリで知り合った人にも「無口だね」「あんまり質問しないね」と言われ、あまりに喋らないことで彼氏を不安にさせたりもした。

仕事で司会をやると「テンションが低い」とフィードバックがくる。インスタライブをやっていたこともあったが、「いつもと同じテンションすぎて笑った」と同僚にコメントされた。

繕ってテンション高く振る舞うことも苦手なのだ。仕事であれば本来はやらないといけないので、これは怠慢だが…。

 

コロナ禍で飲み会もなくなり、そこでようやく気づいた。

大勢の飲み会が好きじゃない!!

人と話すのが嫌いなわけではないし、割と交流も広めたいと思ってきたので、社会人1-2年目の頃はよく飲み会や交流会にも行っていた。

行くだけで、なかなか仲良くなることも盛り上がることもなかったけど。

 

でも行かなくなると不思議なもので、行きたいとも思わなくなった。

かなり気心の知れた相手ならともかく、そうでなかったら5人以上の人と盛り上がらなければならない場所には行きたくない。

新しい人と知り合うのは労力がかかりすぎる。

 

副業で企画していたイベントに賑やかそうな人がたくさん参加されるのを知り、行きたくないなぁと思ってしまった私。

でも行くしかないので、端っこで黙っていようと思います。