女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

【報告】就活を終えました

前の記事で就活について色々書いたんですけど、内定をいただきました。

簡単に言うと大手メーカーの孫会社みたいなところで、インターネット広告の領域です。母体が大手なので安定感もありつつ、ベンチャー感のある社風といういいとこ取りな感じ。

 

わたしは説明会を聞いてない状態で志望度が高いの会社というのがひとつもなかったので、最初から最後まで手探りな就活でした。

業界はざっくり絞ってIT系、特にウェブ系を見ていて、ベンチャーにいきたかったのでそういう会社に特化したエージェントのみに登録し(リクナビマイナビは登録せず)、とにかく色々な会社の説明会を聞いてました。

その場で選考があるところも多く、説明聞いてたぶん行かないだろうなってところも受けたりしてた。

 

ラチがあかないので見かねたエージェントのアドバイザーさんが色々とアドバイスをしてくれて、いくつかオススメしてくれたところのひとつが内定をくれたところです。

セミナーがおもしろくて興味を持ったそのときは、まさかわたしを採用してもらえるとは思ってなかった。

 

一次面接も二次面接も最終もぜんぶその場で結果を伝えてくれた。リクルーターさんが面倒を見てくれていたのだけど、「いい感じだったみたいだよ」とか「期待されてるみたいだね」とか「うちの会社に合いそうって言ってたよ」と毎回コメントをいただき、スムーズに進んでいることに驚きでいっぱいでした。

 

会った面接官の方たちや、リクルーターさんの配慮でお話を聞かせてもらった社員さんたちにも、わたしのインターネットやテクノロジ好きなところを「おもしろいね」と言ってもらえて、それが本当に嬉しくて。

一番ウケがいいのが、アプリ触ってるうちに作りたくなってSwiftの勉強始めた話でした。笑

 

見てた会社たちは結構バラバラとしていてブレてはいたけれど、わたし自身がずっと考えていたこと、目指していたこと、やりたいこと、今までやってきたこと、そのときどきで考えていたことは変わらなくて。

同じような話をしてきて(もちろん前半よりは話し慣れてはきていたけれど)、それをおもしろいとか活躍してくれそうだとかうちの会社に合いそうだと言ってくれる会社に出会えたのがわたしはとっても嬉しい。

 

働くのめっちゃ楽しみ。嬉しい!

 

あ!あと!!

目標のひとつでもあった「スーツを一度も着ずに就活を終える」も達成することができました☆ほんとに一度もスーツに袖を通していません。

スーツ着用と書いてあるメールを送ってきた企業には、高慢にも選考辞退のメールをしていました(なんてやつだ)。というわけでスーツを着ずとも、就活はできますYO!

今日考えたこととか

キャリアアドバイザーさんに相談したら、自分が考えてたことをいい感じにまとめてくれて、すごいなぁと思った。

「ちかさんはちゃんと色々考えてるのに言葉へのアウトプットがスムーズじゃないタイプですね」と言われた。これはきっと今までによく言われてきた説明が下手、話すのが下手っていうのに関連してる。「でも言葉ばかりうまくて中身がゼロの人より断然いいですよ。僕はどっちかというとそういうタイプなんで」と笑ってくれた。

 

最近になってようやくやりたいこととか自分の考えとかが少しずつまとまってきて、面接とかにも慣れてきてちゃんと準備できるようになった。

昔はもっと行き当たりばったりでふらふらっと色んな所を受けてた。

でも自分なりに考えてることがあって、それを(一応)ちゃんと伝えるのだけど、そしたらそれを評価してくれる人と評価してくれない人が二極化する。どっちもいるのは当たり前だけど。そうなったときに、評価してくれない側の人についてわたしが「合わない」と判断するのは至極当たり前だと思うのだけれど、以前「合わないとかふてこいこと言う学生も、僕は好きですけどね」と言われたことがある。ふてこいんだろうか。(ふてこい、って関西弁かな?)

例えば団体に所属しようと思った理由を話したときに、「きっかけがわかりやすい、自ら苦手を解消しようとするところが評価できる、行動力・実行力がある」というように評価してくれる人もいれば、「自主性がない。それだけの理由?」みたいに言う人もいる。

だったら評価してくれる人のほうがいいじゃん。当たり前でしょ。

 

研究室を選んだきっかけを話したら、「自分でちゃんと選択してるのはわかるんだけど、他に新しいもの、おもしろいもの、興味をひくものが現れたらそっちに行っちゃいそう。悪く言えば、辞めちゃいそうって思われるかもしれないね」と言われた。

確かに、最近の大きな選択とかはそういう自分の好奇心のままに選んできたものが多くて、わたしは自分の興味とか関心に素直だけど気ままなところもあるなって思った。自分では気づけないことがいっぱいある。

 

一人で自分に向かい合ってても気づくことはあるけれど、こうして誰かに話して聞いてもらうと自分ではわからなかったことに気づけることが多い。特にわたしは言われたように言葉へのアウトプットができるほうではないので、まとまってなかったり支離滅裂だったりすることも誰かに聞いてもらうことで自分の中で整理できるのかもしれない。

さいきんは悩んだらよく妹に相談する。妹は心理学専攻の大学院生なので、たまにおもしろい考え方の話をしてくれたり、客観的にコメントをくれるのがありがたい。

 

 

たまに「内定ありますか?ないってことは今までの就活うまくいってないってことだと思いますけど、何が悪かったと思いますか?」って言われるという話をしたら、アドバイザーさんが「それは傷つくしデリカシーないし、その聞き方をする相手が悪いね」と言ってくれたので、何気に傷ついてきたわたしはちょっと救われた気持ちになった。

ほんとにほんとに色んな人に出会うけれど、やっぱり嫌なこと言うひととは一緒に働きたいなんて微塵も思えないし、たくさんの人がいたらちゃんとわたしの味方をしてくれる人もいるなって思う。自分の主張とか、正義とか、「あなたのため」とかって言って他人を傷つけるのはすごく簡単だと思うけど、だからこそ相手のためにできることってなんなのかをちゃんと見極めたいなって思う。

 

まぁそんな感じ。

以上、今日いろいろ考えたことでした。

 

あと、不安なときは自分で勝手に理由をつくってネガティブになりがちなので、そういうのやめたほうがいいと思う!!!

7月の一番どうでもいい話

君の名は。」をようやく見た。

さいきんDVDが発売されて、東京でTSUTAYAに寄ったときに一面が君の名は。になっていたのをぼんやり眺めて、見ようかなと思った。友人もコレクターズ・エディション?を買ったと言っていたし。

去年の夏は観たいと思いつつも、卒論でバタバタしたままカナダへ行ってしまって、タイミングを失っていた。向こうでもたまにその話をした。「見た?」「見てない」「ネットで見れるよ」など。クラスメイトの男の子が「見ようと思ったけど、こっち来る前に彼女と一緒に観ようねって約束したから帰るまで待つ」って言っていたのをいま、思い出した。

 

君の名は。観た?DVD出てたし、観たいんだよね」と言ったら彼が借りてきてくれたので、一緒に観た(彼は2回目だったみたいだけど)。途中で何度か「寝てるやん」と言ったらそのたびに「寝てない」って言ってた。

みつはと瀧くんが入れ替わるのはなんとなく知ってたけど、話自体はあぁこうくるんだーって感じだった。LINEとか日記アプリとかそういうのの使い方がうまくて細かいなぁと思った。ハッピーエンドだったから観てよかったけど、正直そこまでの感動とかはなくて、「これがみんなが絶賛する映画かー」というのが感想。ハマる人にはハマるんだろな。

エンディングのところで彼が「曲がいいよね」と言ったので、同意しておいた。RADWIMPSって、わたしが中高のころにめちゃめちゃ流行っていた。高校の文化祭とかでは絶対RADWIMPSを演奏するバンドがいたものだ。友人たちもコピーしてた。その名前だけで、中高のころのあの感じが蘇る。暑いのになぜか無理して着ていた長袖のシャツとか着てたほうがかわいいっていうだけで着てたクソ暑いセーター、片道30分以上かけてダラダラ歩いて帰った駅までの道のり、みんな帰宅部で放課後の教室に集まってただ喋っていたこと、そういう諸々を思い出す。ついでに昨日たまたま中高の通学路を通ったのでより鮮明に思い出された。

わたしはRADWIMPSの曲をひとつもまともに知らなくて、当時はビジュアル系の追っかけをしていた現役バンギャルだったし、そこまで思い入れはないのだけれど。

 

でも今なんとなく、挿入歌を流している。

観た映画ももちろんそうだけど、行った場所や食べた物やそういう全部って、その単体じゃなくてその前後の諸々全部を含めて好きだとか楽しかったとかの記憶になるんだなって当たり前のことに改めて気づいた。さいきんそういう映画の見方をしていなかったので(レンタル屋で5本まとめて借りてきて1週間でひとりでただひたすら観るとか。場合によっては倍速で)、そういう感覚を忘れてたなぁって。

なにかを好きっていうとき、きっとその単体じゃなくて、それに付随する色んな記憶を含めてわたしはそれを愛してるんだな。

 

レンタルしたDVDをただソファに座って観て、コンビニで買った150円のアイスを食べて楽しかったねなんて言えるのは一緒にいてくれる相手によるものが大きい気がするし、その点わたしは恵まれているんだろう。

わたしにはハマらなかったこの映画のことも、わたしはマンゴーアイスとオレンジジュースと、借りてきて一緒に観てくれたひとのことを込みで「すきだ」って思うんだろう。(これって物自体に関係ない理由で嫌いになる可能性も秘めてる)

 

それだけ。

 

 

余談ですが、「君の名は。」を含め世間の人が良いと言っていた本や映画も「めちゃめちゃ良かった!」と思えない人間なので、わたしが世間とズレているのかもしれない。たとえば「君の膵臓を食べたい」とか「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とか。ちなみに「秒速5センチメートル」も飛行機の中で観たけど、そこまでだった。「ラ・ラ・ランド」についてはストーリーというよりもLAの感じがとても好きだった。

解決策が見えてこない話

考えていること、思っていること、伝えたいこと。

言葉にして、伝えるのが下手くそだ。言いたいことがたくさんあっても言えない(口にできない)というのももちろんそうだし、言葉にしてもうまく伝わらないこともよくある。

さいきんは面接や面談で散々「説明が下手だね」「話すのがうまくないね」と言われるし、昔から発言はしないほうだ。

少し前に仲良かったひとにも一口ちょうだいと言っただけで「お前が自己主張するの珍しいね」と笑われたほど。

小さいころからクラスでも発言はしなかった。母にも「あんたは本当にしゃべらないね」と言われた。今日何があったとか何をしたとか、そういう小学校での話とかを母は聞きたかったのだと思う。怒られているときも反論もせず、黙っていることが多く、「何を考えてるの?何か言いたいことないの?」とよく言われた。

 

最近になって彼に「素直だね」と言われるようになったけれどそれは意識しているからで(まぁ意見を求められる場合とは言いたいことの種類が違うけれど)、以前彼は「嫉妬とかしても何も言わなさそうだね」とわたしに言った。「言いたいことがあったらなんでも言ってくれたらいいよ」とも。普段言いたいことの半分も言えないわたしのことをよくわかっているなぁと思う。

 

 

面談で話していても、「上辺っぽくて、本心が見えない」と言われたこともある。嘘をついているつもりはまったくないのだけど、とにかく伝えるのが下手なんだと思う。

それは昔から何かを伝える努力を怠ってきたからな気もするし、そもそもなぜ意見を言えないのかというところに帰結する気もする。なんで仲良いひとや家族にも何も言えないのか。

 

これ書いていてもなにも原因も解決策も見えてこないのだけれど。

話すのが下手だと言われすぎて、話し方の本とかは結構読むようにしてるのだけれど、そういう本はどちらかと言えばその場や人間関係を円滑にするためのテクニックや言い回しみたいなものが多くて、そもそも言いたいことが言えない場合とはまたちょっと違うことが多い。

もう少し感情表現がうまくなればいいなと思う。

あの選択が正解だったのかどうかなんて、今でもわからない

約1年半前。

わたしは大学を休学して、半年間をカナダのバンクーバーで過ごすことを決めた。

 

本当に行こうと決めて、契約して、後戻りできないところに立ったのは23歳、2016年の4月くらい。6回生の春。まわりの人が就活を始めた頃だった。

 

海外に住みたい、英語を話せるようになりたい、そう思って色々なエージェントを回ったのは5回生の9月、2015年のことだった。まだ親にも言えずにいて、自分でエージェントと話をして、一番最善なプランを考えていた。どううまくやっても休学はしなきゃいけない、卒業が遅れること、卒論をいつ出すか、出発はいつにするか、色んなことを考えた。うまくいくかどうか、とにかく大学の卒業がうまくいくか、それが不安だった。でもワクワクした。

 

自分で決めたものの、やっぱりやめたほうがいいかなぁと思うことも何度もあった。

 

周りはみんな就活中。4年で卒業した友人たちはすでに社会人として働いている。その中でわたしだけ7年も大学生をやって、休学して留学して、国試へのブランクもあく。

 

直前になって誰かに相談したくなった。ねぇどう思う?この選択って正しいのかな、わたしの人生ってこれでいいのかな。

でもできなかった。相談した誰かにとって、わたしの人生はしょせん「他人のもの」だから。どれだけ真剣に考えてくれたとしても、誰かが責任をとってくれるわけでもない。わたしの人生に本気で向き合えるのはわたしだけ。

だから、相談しなかった。行くことに決めた。

この留学を生かすも殺すも、正解にするも不正解にするも、結局わたし自身。

せっかく掴み取ったチャンスだから、精一杯努力しようと思う。わたしにできるのは、これを生かすように、正解になるように動くだけ。

 

そう思って決めたんだったなぁ。これが正解だったのかどうかなんて、まだわからない。でも行ってよかったと思うし、得たものも確かにある。

今できないことは一生できない、それくらいの気持ちで生きていたいなぁ。なんだってなんとかなる。それは自分だけの力じゃないけれど。周りへの感謝も忘れないようにしたいものです。

選択するのはいつも自分、だけどいつだってそれをどこかで支えてくれる人がいる。

 

 

どうでもいい話 2017/7/16

優しさや思いやりは、想像力

相手の気持ちをどれだけ想像できるか

 

って、半年くらい前の日記に書いてた。もちろん自分が。

なんでそんなことを書き留めてたのか、今となっては思い出せないけれど、なんかハッとした。誰かのために何かをするなんていうのはちょっとおこがましいというか、自分のエゴのような気もする。

これをしたら、あの人は喜ぶだろうか。喜ぶ顔が見たいな。と思ったとして、結局相手の喜んだ顔を見て嬉しいのは自分なのである。じゃあ極論わたしのためじゃないか?とも考えられる。

 

疲れてたら自分勝手になりがちで、他人の優しさに気づけないこともある。だけど両親を始め友人とかいろんな人がわたしのことを考えてくれている瞬間が確かにあって、そのおかげでわたしは幸せに過ごせているのは間違いない。

そういう人たちのことをわたしも思いやれるように、どんなこと考えてるのかな、なにを求めてるのかな、っていうのをちゃんと想像できる人でいたいし、そのための余裕を失わないようにしたい。

 

 

 

ところで、面接とか面談に行くとよく「話すの苦手でしょ」「もう少し説明がうまくなったほうがいいね」「レスポンスが遅い」と言われる。

普段からそうか?といえばそんなことはなくて、どちらかというと早口で話すほうで、友人にはマシンガントークとも言われるほどだ。じゃあなんでうまく話せないんだろうっていう話なのだけど、緊張してるってわけでもなく、たぶん自分に自信がないからなんだろうなと思った。

「面接で聞かれることなんて全部自分の考えとかなんだし、間違いなんてないんだから、もっと堂々と話したらいいんだよ」と言われたこともある。だけどいつも答える瞬間に考えてしまう。好きなアプリとかおもしろいサービスとかについて語ってるときの話し方と表情がぜんぜん違うからいつもその話したほうがいいよ、と先日言われた。そのときはSpotifyとTinderの話をしていたのだけれど。

 

なんかこんなこと書いても仕方ないんだけど、うまくいってるほうじゃないから、「あーーーー」みたいになることもあるけど、でもまぁやるしかないので、やります。ああ。そんな感じ。

Tinderで彼氏ができるまでの記録(1年3ヶ月)

彼氏ができました

今までもたまに彼氏が欲しいみたいなことを書いていたと思うんですけど、ついに彼氏ができました(報告したかった)。

実はブログを始めたとき、Tinderで出会った人とのレポをひたすら書こうかなと思ってたんだけど、身バレが怖いのと結構本気で好きになった人がいたりして辞めた。でももう使うことがないことを祈って、使おうかなと思ってる人のために書いておきます。

付き合い始める前日くらいに彼が電話で「Tinderのアプリ消した」みたいなことを言っていたので、わたしもライフワークのように使っていたデーティングアプリはすべて退会しました。お世話になりました。

 

なぜTinderか

まずシンプルなこと。UI/UXがかっこいい。マッチする性別を選べること(おもしろいよね)。ガチの婚活ではないこと(結婚願望や年収などの細かい選択が必要ないこと←シンプルさとも関連がある。設定項目がたくさんあったり機能が多かったりすると全体的にダサくなるイメージ。)、フィーリングで選べること、出会う距離(住んでる場所)が選べること。かな?あと海外発なので外国人とマッチする可能性も高い。language exchangeを目的にしてるって人もいました。

あとはわたしは結構学歴が気になるタイプなので、大学名が確認できるのも良いところ。(今まで好きになった人が全員理系なので、理系しか愛せないかもしれない)

 

今までに会った人数

たぶん、11人。数え忘れてる人がいたらゴメンナサイ。Tinderは海外発のサービスなのでカナダでもよく利用されていて、バンクーバーでも何人かに会いました。留学先で友達探すのにも◯。

マッチ数は実際に会った人の5倍くらいだと思います。当然誰にでも会うわけじゃないので、マッチした中からメッセージが続いて、良さそうだった人と会おうってなって会います。飲みに行くことが多い(飲めないのに)。

わたしはマッチしても自分からメッセしないと決めてたので、マッチした中からメッセージを送ってきてくれたひととやりとりしてました(メッセした人数だとマッチ数の半分くらいかな)。当然その中でブチられることもあればブチることもある。LINE教えて〜と言われたら簡単に教えてました。LINEなんかは嫌になればブロックすれば良いだけなので。

 

会った人たち

会おうって言われてよほど嫌じゃなければゴハンには行ってました。大体の場合が飲みだったので居酒屋が多かった。バンクーバーでは友達探しも兼ねてたので、初回はカフェやランチのことも多かったです。

 

〜日本にいたとき〜

1. ラーメンみたいな頭の国立大の文系2回生

自分でそう言ってたから悪意はない。飲みに行って終電近くなった頃に「うち泊まってけばいいじゃん」って言われて、「絶対イヤ」と言ったら「ガード堅いんですね」と言われた。二軒目でトリキ行ったら相手の友だちに遭遇しちゃったのもイヤだった。

会った回数:1回

 

2. かまってちゃんが行き過ぎた国立大の地学系博士課程

地雷感がすごかった。唐突にLINEで写真が送られてきてツッコミ待ちされたのがキツかったけれど、二度目は既読スルーしたら自分でツッコミしてたので申し訳なくなりました。

会った回数:1回

 

3. ちょっと好きだった公立大の化学系修士2年

夜9時からの飲みだったり、自分が飲み会のあとに電話してきて今から飲み直そうと言われたり、ゴハン食べたあとに相手の家に行ったり。確実に終電がない時間の帰りも心配してくれないし、そもそも夜中に呼び出されるし、これはわたしのダメな恋愛その1。

会った回数:5回

 

〜ここからカナダ〜

4. 同じビジネスカレッジの卒業生だった教員志望の大学生

結構仲良くて、3回くらい遊んだ。良いお友達って感じだったけど日本に帰ってからは連絡とってない。

会った回数:5回

 

5. いきなり彼女いたいたことがないとカミングアウトしてきた人

1回だけTim Hortonsでお茶した。数日後「暇ならうち来る?」と言われたので丁重に断った。

会った回数:1回

 

6. なぜか日本での就活の路線が似てて話が盛り上がった人

カフェってゴハンも行ったけど、普通に情報交換って感じの話をした。

会った回数:1回

 

7. いい感じだった国立大の建築系修士2年

仲良くなって彼がバンクーバーに滞在してた1ヶ月のあいだ、週2くらいのペースで会ってた。お酒飲まないひとだったのでシラフで手も繋いでたけど、キスされそうになったので聞いたら「付き合う気はない(要約)」と言われたのでこれもわたしのダメな恋愛その2。

会った回数:12回くらい

 

8. 1回だけスタバでカフェった人

一回会おう〜となってスタバでカフェって30分くらい喋ったけどそれきり。

会った回数:1回

 

9. 今年の春から新卒でコンサルで働くと言っていた人

1ヶ月だけバンクーバーに来てた人で、ちょっと話そうということになりゴハン→カフェで喋ってたけど、わたしが翌日TOEICだと言ったら単語帳を持ってきてくれていて、なぜか一緒に勉強した。

会った回数:1回

 

〜日本へ帰国〜

10. 某転職サービスでキャリアアドバイザーをしていた年上男性

就活始めてたので、ゴハン食べながら始終その話をしていた。キャリアアドバイザーだけあって業界にめちゃめちゃ詳しかったのでわたし好みの話ができてめちゃ楽しかった。「それならこの会社は?あの会社は?」と色々言ってくれたけどだいたいもう受けてるところだったり。「あ〜◯◯(サービス名)やってるところですね」とか言うと、「詳しすぎる」と笑われたり。終電ギリギリになっちゃって2人で全力疾走した。

会った回数:1回

 

11. 私立大理系の修士1年(今の彼氏)

初めて会うまで約3週間毎日LINEで連絡をとってた(こんなに続いた人いなかった)。でもなかなか会おうとは言われなかったので会うまで結構時間がかかりました。お昼からのデートを3回して、3回目で告白してくれました。2回目に会う前くらいからよく電話をするようになって、毎回2時間とか喋ってるし、毎日おはようってLINEくれるし、なんかそういう安心感が新鮮で嬉しいですね。3回目のダメな恋愛がなくてホントよかった。

 

 

 

気をつけたほうが良いこと

会う相手は選ぶこと。真剣に恋人探すなら、遊びじゃないかどうかの見極め。やっぱワンナイトの相手や都合いい相手を探してる人もいるし、それはそれでお互いの条件が一致すれば良いんだろうけど、そうじゃないなら気をつけたほうが良いです。お付き合いするなら毎回終電を気にしてくれるひとがいいですよね。

 

感想

お友達感覚や情報交換目当てで会った人以外はだいたい初回で「彼氏いるの?」と聞いてくるんだけど、いつもわたしは「彼女いるの?」とは聞けなかった。なんでだろうね。あとわたしはなんとなく、すぐに「会おう」と言ってくる人が苦手だったので、あんまりガツガツこないひとのほうがむしろ会いたくなったな〜。

まぁわたしはフットワーク軽めなので結構たくさんの人に会った方だと思うし、他の人がみんなこうだとは思わないけど、出会えるか出会えないかで言うと出会えるとおもう。どんな感じの人なのかはやっぱり会ってみないとわからないし!でも色んな人に会えておもしろいし、わたしは好き。

あとよく聞かれるのが「Tinderで他に誰かに会ったことある?」ってやつ。これめっちゃ聞かれるー!でも遊んでると思われたら嫌なのでだいたい「そんなに会わないけど、何人か会ったことあるよ〜」とか「バンクーバーで日本人の友だち探すのに使ってた!」とか答えてました。笑

 

 

とか色々書いたけど、とりあえず、もうTinderのお世話にならなくて良いようにしたいです!ありがとうございました!あとツイッターに書いたらめっちゃいいね来てびびりました!みなさんありがとうございます!

いつも1000文字くらいしか書かないのに驚きの3000文字超え!おわり!