読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログfromバンクーバー。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

時間とお金とこころの余裕

どうでもいい話

数日前、たまたま時間が余っていたのでマッサージに行った。

といってもそんなにハードルの高いものではなく、イオンみたいなところに入っているチェーンのマッサージ店で、20分2160円とそう高くもない。

 

肩こりも酷かったので悩んだけれど、足裏は身体の全てに繋がると聞いたことがあったので、その時は足裏のマッサージを頼んだ。

足の裏から、ふくらはぎ、膝上までをマッサージしてくれる。わたしのふくらはぎを触った担当さんが、「うわ、脚パンパンですねぇ」と驚きの声をあげた。「ここ、ゴリゴリなってるのわかります?これ老廃物です」というのは、土踏まずのあたりだ。どれだけ疲れていたのかわからないが、兎にも角にも気持ち良さすぎて、うとうとしていたら終わっていた。

 

終わると入り口近くの席に案内され、ハーブティを出してくれた。それを飲みながら、足の裏の図を見ながらどこが疲れていたのか、不調かなどを解説してくれる。

「腸のあたりがすごかったですね。あと脾臓のところもなんですけど、身体弱ってませんか?大丈夫ですか?あとここも、ここも、ここも…。正直ほぼ全部ですね。すごくお疲れみたいですけれど」とのこと。

そんなに疲れていたつもりもなく、身体が弱っているつもりもなかったので、驚いた。就活で歩き回っているからだろうか。確かに毎日出歩いているし(私服のところしか行かないのでヒール特有の疲れみたいなものは他の就活生に比べたらマシだと思うのだけれど)、夜遅くなることも多い。ほぼ毎日大阪まで行くし、説明会に選考会がくっついていることも多々あるため気疲れも多い…ような気もする。

それなりに楽しんでいるつもりだけれど。

 

「今回は20分のコースですけど、次は40分のコースでガッツリほぐされた方がいいですよ。たぶん脚の細さが変わりますよ〜!」とのこと。

肩や肩甲骨周辺も捨てがたいけれど、浮腫はかなり気になるので40分コースも試してみたいところ。

 

やっぱり疲れはそれなりに溜まるものだし、たまにはマッサージでリフレッシュしたいなぁと思った。そんなに高くないし、説明会と説明会の空き時間にパッと行けそうなのも魅力だ。

こういうところで心にも余裕を作っていきたいものである。身体は資本だし、大切にしなきゃね。

他人から見た自分と自分で考える自分の差

どうでもいい話

自分のイメージとか印象とか、他人から見た自分について他人から聞くことってそうないのですけれど、同じようなことを言われることもあります。

 

本当によく言われるのが、「書道やってるってすごいギャップだね」ってやつ。誰かと話していると昔の部活の話になることがありますよね。趣味とかの話の延長だったりもするし、就活の面接とかの一環だったり。で、わたしはスポーツなどは苦手でやってこなかったし、中学生のときは書道部で今も書道をやっているので書道の話をするのですが、だいたい「え、意外!ギャップだね!」というような反応をいただくことが多い。

以前「書道部」へのイメージの話も書きましたが、おそらくどちらかというと「地味」だと思われてるんだろうな。今日お話した相手には「ダンスしてそう」と言われました。これは初めてだけど、他には「バスケしてそう」「テニスしてそう」と言われたことがあります。どうやら運動神経ゼロなことは隠せているみたいで、ちょっと嬉しい。

 

次に就活関連では「営業が向いてそう」と何度か言われたことがあります。わたし自身はコミュ障だし営業が向いているとは全く思わないのですが、説明会やイベントに来てる人事の方やリクルーターの方にそう言われるということはもしかして営業職もアリなのかな?と思ってしまう。

 

あとは意外と真面目なんですねとか意外とピュアなんだねとかよく言われる。わたしは授業も全部出るタイプだし、学生のうちに学業をおろそかにしてまで何かをするのはダサいなっていう価値観を持っているので6年大学に通って授業をサボったのは1回だけなんですけど、「もっとやんちゃしてそうに見える」そうです。見たまんまやんちゃしてるよりはギャップがある方がいい気がしますが、そもそもそう見えること自体が問題な気も。とはいえメイクだけはあんまり変える気がないので、代わりに自分の考えや思っていることはしっかり伝えていかないとなぁと思った。

 

一緒に作業したり授業受けたりするような友達からは「作業が早い」とか「テキパキしてる」と言ってもらえるので、それはそうなんだと思います。自分の内面のことはともかく、見た目は客観的に見るのは難しいので、いただく意見は「へえ〜そうなんだなぁ…」と思えるので貴重だなって思う。

 

そんな感じです。

就活のこととか

どうでもいい話

個人的な好みなのか他の人もそうなのかわかりませんが、少人数の説明会が好きです。昨日ある会社の説明会に行ったら2人でした。と言ったらヤバそうにも聞こえるけど、もともと少人数制だし場所としても多くて6人くらいを想定していた感じ。

一昨日のところも6人での説明会でした。

特にトップ(社長)とかそれに近しい立ち位置の人が話してくれるのが好き。

人間だから、やっぱり話してる人の人柄も見ちゃうし合うか合わないかとかも考えちゃう。人事でも同じだけど、話してて嫌な感じの人より当然感じの良いひとがいいですよね。もちろんお互い様ですが。

少人数だと話しやすいし、質問もしやすい。

だいたい説明会とか行くと「質問ありますか?」って言われる。わたしこれが苦手で、いつも大して聞きたいことないな〜と思ってたんですけど、それって興味のあるなしですね。正直興味が無いから質問も浮かばないんだな〜と最近しみじみわかった。

この興味のあるなしに正直にいたいな〜。

 

そんな感じなんですけど、最近新しくバイトを始めたので(しかも休学中で昼間入れると言ってしまった)今後の予定がどうなるかな〜って感じ。

似たような業界を見てて情報交換してくれる(というか教えてくれる)人がいないので、客観的に見れなくなるのが怖いな〜と思っているところ。説明会で私服OKのところしか見てません。

世間知らずと定規を使えない人の話

どうでもいい話

「アナタは知らないだろうけど、世の中には定規の使い方も知らない人間がいるんだよ。教えるとか教えないとかそういう問題じゃない。とにかく使えないんだ。」と、昔の恋人は言った。

彼がわたしを「アナタ」と呼ぶのはおどけて言うときなので、別にシリアスな展開ではなかったけれど、なんでこの話になったかは忘れてしまった。

 

彼の意味するところはつまりわたしの世間知らずさだ。彼が言うように、わたしは定規の使い方がわからない人に会ったことがない。

わたしは小学校から私立に通っていた。うちはお金持ちではないけれど、まわりにはお金持ちも多かった(※)。中高大は一貫なので取り巻く環境は変わらないけれど、小学校の同級生には東大とか京大に進学した人も多いし国立医学部に進学した人も多い。

というのも客観的に見れてはいないのかもしれないけれど、たぶんわたしはそれ以外の世界を知らないのだ。

彼とは大学で出会ったので学歴のレベルでは同じだろう。でも彼は高校までは公立で育ち、高校は工業高校だった。技術面ではよく出来る人で、その関連の学部に推薦で来た人だった。彼は駿台の存在を知らず、大学に入って友人の口から出た「スンダイ」と言う言葉をどこかの大学(東大、みたいな感じ)だと思ったらしい。

 

彼の言う通りだ。往々にしてわたしは彼に「世間知らず」だと言われることが多かったけれど、小中高大ずっと私立で育ったわたしには見えなかった世界がたくさんあるのだと思う。彼の意味する「世間知らず」には、たとえばわたしがテレビを見ないせいで芸能人や有名なテレビ番組を知らないことも含まれていたし、体重計はカーペットの上で使えないなど日常生活における知識も含まれていた。

公立の学校に通ったことがないから、何がどう違うのかは本当に全くわからない。彼がわたしに言いたかった「定規の使い方を知らないひと」の意味も、たぶんわかっていないのだろう。

 

 

郵便局に勤める友人が、「封もしない封筒を持ってきて、手紙の出し方をイチから聞いてくる人がいる」と言っていた。若者から老人まで。中には就活中の学生もいるらしい。封筒のどこに宛名を書くか知らない人もいるらしい。

わたしにとって、少なくとも彼女にとっても「当たり前」のことだ。封筒の表と裏は聞くまでもないし、宛名を書く場所もわかる。自分の住所も普通は書く。それを知らない人もいる。

 

きっと、「定規の使い方を知らないひと」の存在も、同じなんだと思う。わたしにとっての当たり前が、誰かにとって当たり前とは限らない。それは価値観とか考え方の違いの話だけじゃなくて、生活レベルとかでも変わってくるものなんだろう。

 

わたしはカトリックの小学校に通っていた。朝の会と帰りの会、昼食の前後には必ずお祈りがあった。中庭にはマリア像があった。中高大は無宗教だったのだけれど、中学に入るまでは「お祈りをしない学校は、どうやって朝を始めて、どうやって帰りの会を閉めるのか」が想像もできなかった。小学校から制服だったので、「私服で学校に通う」感覚もわからなかった。

 

郵便局の話だって、手紙の出し方を知らない人が毎日来るということは、そういう人が一定数いるということだ。

 

わたしたちは気づかない。同じ生活水準、同じ知識レベルの人と接する機会の方が圧倒的に多いから。定規の使い方なんてイチイチ尋ねないし、手紙の出し方について議論することもない。1020円を2人で割り勘するときの暗算に秒もかからないことを確認し合うこともない。

 

自分と同じような生活水準の人たちと接しているから、他のレベルの人の存在に気づかずにいる。正確には「いるだろう」とは思っていても、具体的にそれがどういうことなのかわからない。

と言ってる今もよくわかっていない。自分の「当たり前」が当たり前じゃない人もたくさんいるのだ。当たり前だけど。

 

 

※「お金持ち」のお金持ちレベルも、わたしの認識と他の人の認識ではまた違うんだろう

今週のどうでもいい話いろいろ(3月2週目)

どうでもいい話

今週のどうでも良い話

 

1、服のこと

バンクーバーには半年分の服を持っていけるわけもなく、そして海外にはあまり良い服が売っておらず(なんとバンクーバーにはユニクロもない)、OLD NAVYで買った不可はないニットをメインに5、6枚を毎日着まわしていた。

日本にはもちろん今までに買った服がいろいろあるので、着たい服があるというだけで気分がぜんぜん違う。でもなんか夜の寒さとか昼間がどれくらい暖かくなるかとかが読めないので、何を着ていいかわからない。しかもバンクーバーに旅立ったのが9月だったので、引き出しの中が夏物だらけなのである。洋服ラックにあるコートも、春物の薄いアウターばかり。昨日はトレンチで出かけたらめちゃくちゃ寒かった。

難しい。

 

2、メールちゃんと読んでよ

バンクーバーでのインターンを終えてから、「添付した評価シートに入力して送信してほしい」とメールが来ていたのだが、添付ファイルがなかった。ので返信に「添付ファイルが見当たらないので再送してもらえると嬉しい」と書いたのだが、その返信が「Thank you!」だった。

いま就活をしているのだけど、気になった会社がSkype対応だったのでSkypeで会社説明してもらえると嬉しいとメールした(説明会くらいで東京まで行くのは遠いので)。すると「承知しました!」ときたので都合の良い時間を伝えたのだが、その返信が「では◯日の◯時から予定を押さえるので下記住所まで来たら××番で△△(名前)を呼び出してね!」という旨のメッセージが来たのである。

みんなメールちゃんと読んでよ。(まぁ後者は勘違い程度だろうけど)

 

3、読んだ本の内容も半分くらいは覚えてない

もちろん全部覚えるなんて無理なんだけど、おもしろかった本の内容とかは覚えてるし、心に響いたような箇所は覚えていることが多い。普段は覚えてなくても本の表紙を見たらなんとなくの内容を思い出せることもある。でも本棚を眺めてもどうしても内容が思い出せないものもある。まぁ覚えてない程度の内容だったのかもしれないけれど。

バカですみません。ちゃんと憶えてるようなのもいっぱいあるよ!!

それはそうと他人に勧められたり話題に出てきたりした本はなるべく読みたいと思ってる。

 

4、お金がない

半年海外にいたし、半年間はバイトしてない上に向こうで使うお金も必要だったので、当然ながらお金がない。それまでしてたバイトを辞めたわけではないので復帰しようとしたら、「ありがたいんですけど今生徒数が一桁なのでみんな全然シフト入れないんですよね」と塾長に言われた。どんな塾だよ。てわけで就活に加えてバイトも探してる途中です。なんてこった。バイトのために求人探す→応募する→面接受ける→結果待つ→研修っていうプロセスが長くてめんどくさい!!

 

5、就職のこと

以前にも書いたかもしれないけどIT系で探している。しかしわたしの専攻は薬学である。薬学系には進まないこと、IT系で探していることは以前から家族にもぼちぼち仄めかしていたけれど、祖母には言えずにいた。薬学系に進むことを期待されていると思っていたから(両親も期待しているだろうけど)。でも今日「ITみたいなところに行きたいの?」と祖母に言われ、そうだと答えると「へ〜まぁちかなら大丈夫やろねえ」と言ってくれた。(歳なのでたぶん細かいことはわかっていない)

自分がどんな道を選んでも応援してくれる人がいることはありがたいことだ。

 

6、Skype面接とか

Skype面接は2年くらい前にサマーインターンの面接で一回受けたのだけど(落ちた)、今日は始めてSkype会社説明会を受けた。説明会のために東京に行くのはコストがかかりすぎるので、とてもありがたい。それに集団での説明会と違って一対一なので丁寧に向き合ってもらえてる感があるし、一方的に説明されるだけでなくてコミュニケーションをとれている感じがして良い。とはいえ家にいる時間でないといけないので予定の調整が難しかったりもする。

 

 

そんな感じです。それではまた。

行動しないと結果が出ない

どうでもいい話

今日とある社長さんのスピーチを聞いたんだけど、おもしろかった。

眠くなるかなって始めは思ってたけど、想像以上におもしろくて。行動力って大事だなと。

 

その人はやりたい仕事をやるために、募集されてない会社にも手紙送ったりメール送ったり、電話したりして、手紙にあった「近くに来たときは声かけてください」って文言を逆手にとってわざわざ渡米しちゃったりする人で、そうやって行動するから結果がついてくるんだろうなと思った。

たとえばやりたいことをいくつでも書き出せ、と言われたらほとんどの人が書けるだろう。でもじゃあ実現するために何ができるか?を考えて実際に行動しちゃう人って少ないんだろうな。(そもそも書き出さない人もいるだろうし)

だけどそうやって出来ることから行動に移していく人が確実に結果を出していくんだろうし、動かなきゃ何も変わらないわけだ。

言うだけなら簡単だ。仕事辞めたい辞めたいってツイートしながら全然やめる気配のない人もいる。もちろん辞めるのも簡単じゃないけど、辞めたいと思いながら続けてても辞めたいと思ったままだろうし。

 

簡単じゃないけど、わたしも行動できる人間でありたい。どちらかと言えば行動に移せるタイプだと思うけれど、なんかこう、もっと出来ることあるだろって改めて思った。

 

 

こうやって刺激を与えてくれる人に出会えることは、何より幸せだと思うし、やっぱりわたしは外に出て色んな人に会いたいなという気持ちを再確認した。

最近書きたいことあんまなくて更新してませんが。それではまた!

生憎空は、雨

バンクーバー生活 留学

雨というか雪である。

 

「きみはラッキーだ」そう言ったひとがいた。

「雪はレアだよ」と。

バンクーバーは雪があまりふらない。前の冬は、1回しか雪が降らなかったらしい。なのに今年はなんだ。3月なのに、雪である。

アメリカ旅行へ行く前、天気が良かった。街を歩けば暖かく、膨らんだ木々の蕾と、咲きそうな花の匂いがしていた。帰ってきたらもしかしたら花が咲いているかも、もう春かも、と思っていた。

なのに、だ。

外は雪である。予定と違う。

 

バンクーバーはカナダで唯一、桜が咲く街だ(らしい)。本当は、桜を見てから帰りたいと思っていた。春が近い、と思っていたはずなのに、どちらかといえば冬に戻ってしまったような気候だ。

 

そういえば、「もし俺が有名になって取材を受けたら、バンクーバーは第二の故郷やって話すわ」なんて言っていたひとがいた。わたしより過ごした時間は短かったくせに。

行きたかったところもまだ少しある。慣れ親しんだ街、ようやく覚えてきた通りの名前、美味しかったレストラン。もう二度と来ないかもしれない。少なくとも、こんなに長く住むことはもうないだろうし、また来たとしても数年後にはなるんだろう。

 

ありがとう、さよなら、またね。

これは約束じゃなくて、願掛けだ。またすぐ、逢いましょう。

f:id:chikanism:20170308105532j:image