Chikanism

現実と非現実のあいだ

ゴールを追いかけたい

どうでもいいことですが、はてなのプロを辞めました。独自ドメインはそれなりに気に入っていたけど、だからってSEO対策をしているわけでもなく、さらに言えば特に検索流入が期待されるような記事も書いてない。

なので一応アドセンスを入れててもほぼ収入はなく、期待もしてなかったし、それだったらはてなブログドメインでも十分かなあと。

そしたら毎日20以上はあったアクセスが10分の1くらいになってたので、ドメインの力はすごかったんですね。気が向いたらまたプロにします。

 

 

大学生のときから常に時間がなく、タスクに追われ続ける日々を送ってきた私は、「やらないといけない」ことがない時間がとても苦手だ。何をしたらいいかわからないし、怠けているような感覚になるし、どうやって時間を過ごせばいいのか、答えが見つけられず、途方に暮れる。

 

大学の頃、学園祭実行委員をしていた。薬学部だったので1〜3年の頃は1〜5限までずっと授業があることも珍しくなく、週に1〜2個は実験レポートを書いていた。定期テストは10個くらいあり、1科目に割ける時間が少なすぎてひいひい言いながら過ごした。その合間で、というか授業後に、ほぼ毎日22時まで大学に残り、学園祭の企画書を作ったり、制作物をを作ったり、決算をしたり。土日も大半は学園祭の諸々で、余った時間で習い事の書道をしたり、1ヶ月に数千円しか稼げないバイトをしていた。

毎日がめまぐるしく、駆け抜けるように過ぎていて、親にも「家に寝に帰ってくるようなもんだね」と嫌味を言われるような日々だった。

学園祭が終われば終わったで、次は薬学部の実習に行くための試験があり、それの勉強ばかりしていた。その後は実習があり、実習がなければ研究室に通い詰め、(留学とバイトと就活を挟み)国家試験の勉強をした。

国家試験の勉強には休みもなかったので、土日は図書館が早くしまって勉強しづらいだけの迷惑な日だった。土日にやることがない、なんていうのは社会人になって初めて経験したことだった。

 

余暇を楽しむという習慣がなかったので、今もまだ、休みをどう過ごしたら良いかわからない。学生時代の数少ない休みは友達や彼氏や家族と遊ぶ予定を入れたらほぼなくなっていたので、そういう予定を入れてもまだ余りある今は、その余りをどう使っていいかわからない。

 

社会人になってはじめの頃、先輩が世間話でよく「休日は何をしてるの?」と聞いてくれた。でも休日に何をするか、休日のための趣味を持っていなかった私は返答に困り、「聞いたらヤバい趣味でもあるのか」と先輩を困らせた。

 

でも、どう考えても、そういう「やらなくてはいけないこと」に追われている方が簡単だったし、ラクだった。自分で何をするか考えなくてもいいから。それに、ずっと私には明確なゴールがあった。

学園祭が終われば一旦今年の学園祭は終わり、次の学園祭が来る。バイトは学生時代を凌げば終わり。研究室は卒論を提出したら終わり。就活は内定をもらえたら終わり。国試の勉強は国家試験に受かれば終わり。

いつもゴールから逆算して、ペース配分を考えて、ラストスパートで一気に加速して、たまに落ち込みながら、なんとかやってきた。やりきれるゴールが見えていたから。

 

今は明確なゴールなんてない。わかっているのは人間いつか死ぬってことだけ。ペースを逆算するにも、仮のゴールを自分で決めなくちゃならない。タスクも山のようにないし、追いかけてくれない。

 

 

そんなことを言ってるだけで、1年が終わってしまいました。

最近は時間に余裕があるので、ちょっと本腰入れて考えてみようかな、と思いました。

違和感

違和感を大事にしたほうがいいよ、と言ってくれたのは就活をしていたときになぜか面談をしてくれた有名企業の、特に縁もないはずの親切な男性だった。スカイプ越しに話して、こういう企業はどうかなどと、本当に親切に色々教えてくれた。

 

ふとその言葉が頭をよぎったのだった。違和感を大事にしたほうがいいよ、と。

 

 

違和感(いわかん)とは、生理的、心理的にしっくりこない感覚。 周囲の雰囲気にそぐわず、食い違っている印象を受けること。 また、普段と様子が違うこと。 不自然なさま。

 

しっくりこないこと、かぁ。そんなに違和感ないこと、しっくりくることってあるかなぁ、と思ってみる。例えば人間関係では、しっくりこないことがある。あれ、そうなの?そういうこと言うの?私のことどうでもいいと思ってる?

 

仲良しのはずの子と約束しても、何かとドタキャンされる。友達だと思っていた男性に、恋愛の好意を伝えられる。 慕っていた元上司が見下すような発言をする。

行けない旨のLINEを受け取った前日の夕方、夜の街の信号の前で振り切った手、居酒屋の横並びの席で何も言わずに飲み込んだレモンサワー。

 

違和感がないことなんて、ないよ。それでもいいかって、受け流せるようなことばっかりじゃない。

 

 

 

 

きっと些細なことなんだと思う。でも、親切な彼が私に言った「違和感」という言葉が頭から離れなかった。あの瞬間、急に冷静になって違和感について考えていた。

部屋でお笑い番組を見て、私の隣で笑ったりウトウトしたりしていた人。まっすぐ顔が見られなかった。こっちを向かないで、どこかで思った。そうかもしれない、違うかもしれない。決定的な何かはない。

 

果汁35%のチューハイを飲んで、思い返す。違和感なかったこと、例えば今の会社への転職はそうだった。予想外のきっかけで決めたことだけど、迷いはなかった。しっくりこないと思ったことはなかった。

何より、「違和感を大事にしなさい」という彼のセリフが浮かんでくることはなかった。

 

 

違和感がないっていうのがそういうことなら、じゃあやっぱり違和感があるっていうのはこういうことかもしれない。顔も覚えていない誰かのセリフが強烈にこびりつく。

一人になった部屋で、何回考えてみても明確な答えは出せなくて、雨の音だけが聞こえた。

思い出の香り

匂いって慣れちゃうものだから、そのときは気づかなくて、あとでふっと香ったときにいろんな情景が蘇る。

 

今日、久々に髪をまとめるのにヘアオイルを使った。シャンプーとトリートメントに合わせてほんのりローズの香りがする。

夏はベタつきも気になるし、つけなくてもある程度ヘアスタイルがキープできることに気づいて最近はほとんど使ってなかったのだけど、今日は髪を巻くのがめんどくさくてまとめるために使った。

 

なんとなくキャップを空けたら、以前は当たり前のように使っていたローズの香りが懐かしく感じた。いつも髪を巻いてオイルをつけていた日々のことが、頭の中を駆け巡る。

 

GWの始まりに、好きな人に会いに行くときに買ったものだった。伸ばしかけの髪がやっと巻けるくらいまで伸びてきたので、それを整えるためだった。

それからは会社に行くときもよく髪を巻いていたので、つけていることが多かった。

当時は当たり前過ぎてヘアオイルの匂いなんて気にならなかったけど、久々につけたら1日中その香りが気になって、驚いた。慣れちゃってたんだなあ。

 

ヘアオイルを買うより前に、好きだった人と過ごした日々を思い出した。思えば一瞬だった。予想外に出会って、予想外に仲良くなって、歩いた道とか、送られてきた写真とか、彼の好きな食べ物とか。

飲み会の匂いが染み付いた服を洗っておいたら、着て帰ってから「君の匂いがする」と言ってきた。柔軟剤の匂い、私には当たり前過ぎてわかんない。

 

 

私の使っている香りを、好きな人が覚えてくれたらいいなぁと思って、ずっと変えずにひとつの香水を使い続けている。匂いって強烈に思い出が蘇るから。

京都の生きづらさ

めっちゃ暗くてネガティブなことを書きます。

 

 

今、仕事の都合で京都に帰ってきている。一ヶ月くらい。

そしたら京都は生きづらくて、好きなんだけど、めちゃめちゃ辛くて、死にたくなる。死にたいと言うか、生きることを辞めたいと言う感じ。

 

祖母の家に住んでいるのだけど、まず祖母に心配されるのが辛い。帰る時間とか。わがままなだけなんだけど、朝起きる時間とかご飯食べる時間とかお風呂に入る時間とか。両親ならともかく祖母には気を遣うし、他人に合わせる生活がめちゃめちゃ辛い。

それに祖母の老化を感じるのも辛い。祖父は施設に入っていて、祖母も病院やデイサービスに通っているし、それにかかる膨大なお金のことを考えるだけで辛くなる。もちろん祖父母は今までの貯蓄で全部賄っていて、私の負担は一ミリもないのだけど、これからもしまだ10年以上生きるとしたら、足りるのだろうか、とか考えてしまう。

今は送り迎えや買い物を一部母が手伝っているけど、その母ももうすぐ60歳。老老介護も近い。いつまでも車の運転ができる保証はない。

 

その祖父母の次は当然両親だ。今は私と妹が家を出て、悠々自適に旅行などを楽しんでいるけど、父はもう64歳だし、いつまで元気かわからない。間違いなく老いているし、こんな不便な場所に住んでいたら老後困るのが目に見えている。

 

そういういろんな現実を、ここにいたら目の当たりにせざるを得ない。東京にいたら、それらを考える暇もないのだ。毎日が楽しくて、忙しくて、自分の目に映る範囲のことしか考えなくて済む。

 

京都で過ごした25年は、両親にも祖父母にも愛されて、友達もいて、幸せだった。全部私の希望ではないけど、幼稚園からずっと私立に通っていた。それがどういうことか、自ら望んだわけではないにしろ、たくさんのお金と時間をかけてもらったし、公立の学校に通ったことがないという人間は世の中で多くはないと思う。恵まれてた、と思う。

父がいつも送り迎えをしてくれた。母はいつもお弁当を作ってくれたし、心配して帰りを待ってくれていた。小さい頃、父は夜になっても全然寝ない私を助手席に乗せて、よくドライブに連れて行ってくれた。バスの車庫を見に行った。今でも覚えている。愛されてた、かわいがってくれた。

それを思えば思うほど辛いのだ。親孝行できない自分が。

そんな両親を置いて、東京にずっと済みたいし京都には戻りたくないと思っている自分が。

 

その反面、実家での暮らしは縛りが多くて、特に大学生の頃なんかは辛かった。両親は過保護で厳しかったから、大学生になっても毎日帰宅時間を聞かれたし、突然の外泊は許されなかったし、何より実家が不便すぎて友達と遅くまで遊んでいることもできなかった。

たった1ヶ月だけど今はまたその生活。夜遅くまで遊びたいか遊びたくないかではなくて、遊びたくても遊べないという事実が辛いのだ。

 

 

その他にも、東京の家にはテレビがないので、興味のないニュースは入ってこない。世間には疎くなるけど、気分のコントロールはしやすい。実家だと誰かがつけているテレビをつい見てしまうから、見たくないニュースも見てしまう。知らなきゃいけないことばかりだけど、暗いニュースが多いので悲しくなるし、憂鬱になる。

 

 

そういう色々な現実が現実として目の前に横たわっていて、京都で過ごす日々は本当に辛い。悲しい。こんなに老後やお金のことに気を取られて生きるくらいなら、生きたくないなあと思ってしまう。早く京都を出て良かった。

京都も、両親も、祖父母も、大好きだからこそ、離れたいと思ってしまうのが余計に辛い。なんのために日々を過ごすのかわからなくなってしまう。

 

そんな辛さを目の当たりにした26歳の9月1日。

最近のおすすめ映画

最近たくさん映画を見たので感想を書きます。全部旅行の飛行機の中で見ました。

特におすすめなのはThe Hate U Giveという映画です。日本では上映されてなかったみたいですがアマゾンプライムで見れるので是非…!!

 

ボヘミアンラプソディ

話題になってたので観たいなと思ってた。最初の方は結構トントン拍子で有名になっていくのでそうなんだ〜と思ったけど、途中でやっぱりフレディが自分勝手になってソロ活動を始めたりお金使って遊びまくったり、そういう色々があってバンドを続けるのって難しいんだろうなと思った。

アーティストって、そういうことを仕事にするのって、単に仕事って割り切るの難しいだろうし、メンバーとの関係も友達じゃないし仕事仲間って感じでもないのだろうし、始めた頃の気持ちのまま関係を続けるのは至難だと思った。有名になって忙しくなればなるほど腹を割って話したり今後のことについて考える時間もなくなるだろうし、周りの期待も大きくなるだろうし、売上とか事務所とかの大人の事情もあって。

でもたくさんの人に支持されて、素晴らしいバンドであり音楽だなあと思った。世界で有名なバンドになることって努力にしろ苦労にしろ並大抵のことじゃないんだろうなあっていう凡庸な感想。

 

翔んで埼玉

埼玉に思い入れなかったけど面白かった。登場人物のキャラが濃かったからかなあ。でもこの映画をきっかけに埼玉に親近感湧いた。

埼玉のなんとかっていうところ出身の知人が、「翔んで埼玉にも俺の出身地は出てこなかった」って言ってたのがウケた。

 

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

これも面白かった。けど続きが気になりすぎて…。

ただ私はハリポタシリーズを最後まで読んでいないのと様々な設定を忘れ去っていて、さらにファンタビ1も観たんだけどその内容もなんとなくしか覚えてない(しかもカナダにいるときに観たので字幕がなく、言ってる内容とかもほぼわからなかった)ので、わからない内容がたくさんあった…。

全部覚えてたらもっと楽しめたんだろうなあ。

 

The Shape of Water

これも話題になってたので観たかったやつ。あとから考察ブログとかをたくさん観たんですが、それまで時代が冷戦時代であることと博士がロシアのスパイだったことに気づかなかった。

イライザの演技はとても良かった。半魚人とうまくコミュニケーションをとれたのも、彼女が言葉を話せないのが関係してるのかなあ。そしてストリックランドが無慈悲で嫌なやつすぎた。観るの怖い場面がところどころあったので、ちょっと早送りとかしてしまった。

後味が良い映画では決してなかったな…。でもかなり印象的だったので観終わってからかなりググって設定とかも知れたし他の人の感想とか考察をめっちゃ読んだ。

水って特定の形がなくて、器に合わせて形を変えられるから、タイトルはそういうところから愛にも特定の形はないってことなのかなと思った。

 

The Hate U Give

これは今回観た中で一番よかった。現在もある黒人差別がテーマで、しかもそれを目の当たりにしている高校生の女の子の等身大の話。

暴力表現とか、本当にこんな人がいるんだ…というような人(キング)もいて、怖いところもあった。問題の発端はスターの親友のカリルが白人の警察官によって射殺されたこと。丸腰の一般人、しかも何もしていない高校生の男の子に容赦なく銃を向ける白人警察。

スターは警官である叔父に「白人だったら何も言わずに撃ったか?」と尋ねたら彼は「まず手を上げろ、と言っただろう」と言う。

私は日本に生まれたし、黒人差別を見てもないし、想像しかできない。なんなら想像することもできない。

スターは笑顔がかわいい女の子で、白人のボーイフレンドのクリスに「あなたは人が殺されるところを見たことがある?」と聞く。彼女はその場面を何度も目にして、理不尽な社会を生きてきた。そして、カリルのための裁判やデモ活動を経て、無力である実感もする。気持ちや思いだけじゃどうにもならない感じが観ていてとても辛かった。

これも後味が良い映画ではないのだけれど、子どもを守り抜こうとする正しくて強くて優しいスターの父母や、兄弟、心からスターのことが好きなんだなって感じの彼氏クリス、そういう人たちは暖かかった。

普段差別について考えることが少なかったから、この映画はとても良いきっかけになったし観て良かった。

日本では映画館でやってなかったそうですが、是非観てください。おすすめです。 

ヘイト・ユー・ギブ (字幕版)
 

 

トランスフォーマー

トランスフォーマーの1作目観たんだけどめっちゃ面白かった…。今まで観なかったことを後悔しました。

アクションものの映画はそんなに好きじゃなかったし、特にトランスフォーマーは戦隊モノっぽい感じが強いので興味がなく…。食わず嫌いは本当に良くない。

元彼がトランスフォーマー好きで、2017年にやってたやつの予告編は観たんだけど、本編は観ず…。まだ続編は観てないから、これからちょっとずつ観ていく予定。

 

バンブルビー

トランスフォーマーのスピンオフでバンブルビーの話なんですけど、バンブルビー、可愛すぎやろ…!!!!愛おしかった…。かっこいいし。

チャーリーとちゃんと心を通わせているのも素敵。人間って人間のような形のものに親近感湧きやすいのかな。the Shape of Waterの半魚人とかもそうだし。動くものに弱いのかな?ロボットとかにしても、ルンバがカワイイって言う人もいるし。

バンブルビーも是非観てください。 

バンブルビー (字幕版)

バンブルビー (字幕版)

 

 

 

そんな感じです。

一気に観すぎてひとつひとつの印象が薄いというのも正直あるけど、めっちゃ良かったやつはかなり印象に残ってるのでまあいいかな。

映画観るくらいしかすることないレベルの環境に追い込まれないとこんなにたくさん観ないよね。

風邪ひいて寝込んだ週末

f:id:chikanism:20190722003153j:image

牛肉の赤ワイン煮を作りました。久々に料理したけど案外美味しそうやろ。せやろ。

 

有休消化で金曜も休みにしてたので3連休だったのですが、風邪をひいて喉がくっつくんじゃないかってくらい痛くて、楽しみな予定があったのにキャンセルしてずっと寝てた。

この3日でしたこと、睡眠・食事・FODとHuluとアマゾンプライム(Netflix派ではない)・料理・筋トレ少しくらい。

最近わかったのは、映画だと2時間で終わるからひたすらヒマな土日だといっぱい観れちゃうけど、たくさんの作品を一気に観ると話がごちゃごちゃしたり消化不良になったりするから、完結する作品を一気に観ないほうがいいということ。

そういう点では1回が1時間なくてたくさん観れるドラマを観るのが良い。最近はリッチマンプアウーマンをぜんぶ観た。

土日は今シーズンドラマの「僕はまだ君を愛さないことができる」という台湾ドラマのリメイクを4話、「偽装不倫」を2話、「コーヒー&バニラ」を2話観た。

放送中のドラマは先が気になるけど、一気見できないからオールしちゃうことがない。続きを楽しみにするという楽しみもある。旅行の予定があるからそのときに観るものも決めとこう。

 

 

最近は後を引くような嫌なことがいくつかあり、私は絶対に他人の気持ちを想像できる人になろうって思った。

言った人が優しくないとか、悪気があったとかじゃないと思うけど、確実に嫌な気持ちになったから。同じように私も誰かを傷つける可能性がある。

嫌だなぁと思うことを言われたときにどうするのが最適解なのかはわからない。これから先も付き合いを続けるなら、嫌だったと言うべきなのかもしれない。

付き合い方の問題で、距離を置けばいいのかもしれない。そういう人だと割り切って、何を言っても気にしないように接することもできる。

 

昨日あたりにセクハラパワハラ告発がヤラセだったと炎上してた。

セクハラでもパワハラでもないが、先日、元上司と飲みに行ったらホテルに誘われた。強制はされてないし断っても何もされなかったし退職済みなので業務に支障はない。

でも、彼は私のことを「セフレもしくはワンナイト的な遊び相手(少なくとも恋愛感情なくセックスする関係)」にできる相手だと認識していて、且つ誘ったらついてきそうと思っていたわけだ。さらに、行っても行かなくても気まずくなる可能性があるから、私との今後の関係性を重要視してない。

本当のところ彼がどう思っていたか(酔ってたし何も考えてないか)はわからないけど、少なくとも私は悲しかったし、傷ついた。9ヶ月くらいはずっと一緒にいて仕事をして、信頼していた人だったから。

これで嫌な気持ちになる私がおかしいんだとしたら、なにが間違ってたんだろう。

 

こういうことがよくあるのが大人なんだとしたら、嫌やなぁマジで。恋愛でもそうでなくても、誠実に、お互いを尊重しあえる人と関わっていたいし、大事にしたい。

 

これとは別でもう一個いやなことがあったんですが、嫌なことばっかり書いても仕方ないので

結論としては大事にする相手は選ぶべきで、誰にでも優しくしてたらこっちの優しさも足りひんようになるっちゅーことかな。

 

加えて風邪ひいて予定キャンセルとかも続いたので最近の嬉しいことが全然思いつかないのです。ご飯作っても喉痛いし鼻詰まってるし、正直めっちゃ美味しいって思わんのは技量のせいなのか味わからんからなのかもわからん。

明日になったら鼻水がとまって美女になってますよーに!

さよならなんて言わないで

僕が愛を信じても きっといなくなるんだろ?

それならいらない 哀しすぎるから

 菅田将暉が歌うさよならエレジー

先週の月曜日、なんとなくSpotifyでプレイリストを流していて初めて知った。2018年の曲なので、それまで聴いたこともなかったなんて、どんだけ疎いんだと笑われそうだ。

バンギャルを辞めてから邦楽をほとんど聴かなくなったのだけど、この曲はなんとなくメロディが好きだなと思って聴いていたら、歌詞も心に刺さった。

芸能に疎いので菅田将暉のことはauのCMの人というくらいの認識しかなく、歌を歌っているということに驚いた。

この曲はなんかのドラマの主題歌らしいのだけど、そのドラマも1ミリも知らないので、先入観がないのもより良いのかも。

 

そばにいるだけで 本当幸せだったな

そばにいるだけで ただそれだけでさ

という部分があるのだけど、この部分の「本当」が「ほんと」に聞こえるので、ああほんとにそうだったんだろうなあ、となんとなく思った。

 

さようならさえも 上手く言えなそうだから

手をふるかわりに 抱きしめてみたよ

ここもさ抜き言葉になっているところがほんとっぽいというか、切羽詰まった感じが伝わってくるような気がして、とても好きだ。

余裕がない感じの、すごく好きだったんだなという感じの曲が好きだ。だってリアルだから。そのほうが感情移入できる。

ちょうど大事な人との別れのようなものが過ぎたばっかりだからかもしれない。

 

ムックの気化熱という曲に

笑えないくらい 本当にすべてが君だけでした

いつかまた会えるその日まで さよなら

っていうフレーズがあって、これも「笑えないくらい」っていう表現の切羽詰まっている感じがすごく好きだ。

なんのマンガかわからないけど少女漫画で主人公が「余裕なんていつもない。ギリギリまで君が好き」ってセリフを言うんだけど、これもセリフだけ覚えているくらいすごく好きで、なんかこう恋愛のなかの余裕のない感情がいいなぁと思う。

実際に自分も余裕がないからかもしれない。

 

結局駆け引きしたり余裕ぶって相手を振り回したりするような感情は、本当に相手のことを思ってるんだろうかと疑ってしまうし、余裕なくて切羽詰まってるくらいが良い気がする。個人の価値観だけど。

 

だから久々に見た菅田将暉と、彼の歌う切羽詰まった曲、とても良いなあ。久々にいろいろ考えて、飽きるくらいずっとリピートしている。

 

今週のお題「わたしの好きな歌」