読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログfromバンクーバー。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

映画ログ15 華麗なるギャツビー

f:id:chikanism:20160710160407j:plain

 

まだ見てなかった、「華麗なるギャツビー」。これ、原題の The Great Gatsbyのほうが良いですね。

 

ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ、ぜいを凝らした宮殿のような豪邸。ニックは、そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と言葉を交わす仲になる。どこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、なぜパーティーを開催し続けるのか、日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、戦争でさまざまな勲章を受けたことなどを明かされるが、ニックはこの話に疑念を持つ。

 

アメリカンドリームとはよく言ったもので、豪華絢爛なパーティ、パーティ、パーティ。

豪勢な城に屋根のない車、聳え立つ摩天楼、きらびやかなドレス、お酒。

それだけで圧倒された。ちょっと行ってみたいけど、毎日だとしんどそう。

 

 何もかもを持っているようにも見えるギャツビーが本当に欲しかったもの。

それだけは手に入らなかった。

何もないところから今の地位や名誉や富を手に入れてきて、手に入らないものなどないって思いたかったんじゃないかな。だから執拗にデイジーに執着していた。

過去もやり直せると言って。

 

お茶会でお花を大量に用意しちゃって、雨に濡れて再登場して、緊張して何も話せなくなって、それほどの繊細さを持っている。

なんかわたしには、デイジーを始め女、金、名誉に人生を振り回された繊細で勇敢な男の話に思えた。

 

見栄を張って、なんでも手に入ると思っている傲慢さとか、

愛していると言ったのに罪まで被せて葬式にも出ない薄情さとか、

人生ってなー…と思っちゃうような話でした。

 

ニックの役よかったですね。

人の良さそうな、薄い唇の笑みが似合ってた。

 

ギャツビーが口癖のように言う"Old sport"は、訳では「友よ」となっていましたが村上春樹の翻訳した本では「オールド・スポート」となっているそう。

日本語でうまい言い回しがない言葉なんですね。

どうもこれは昔の英国で使っていた、親しいひとに呼びかけるような言葉らしい。

トムもギャツビーに「オックスフォードで覚えてきたのか?」と言うし。

 

よく見ているジャンルとは違うけど、観てよかった。

 

 

他にもこんな映画みました↓

 

chikanism.hatenablog.com

chikanism.hatenablog.com

chikanism.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする