女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

点を描いてる途中

connecting the dots.

今やっていることがどこかに繋がると信じてください。

その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。

 有名なスティーブ・ジョブズのスピーチの一節。

大学1回生の時にスピーチの全訳を読んで、ひどく感動したのを覚えている。知ったばかりのEvernoteに保存したし、何度も繰り返し読んだ。

 

全文↓

www.nikkei.com

 

わたしが行動や選択をするときに指針としていることがあって、

ひとつめは「悩んだらより困難な方、勇気がいる方を選ぶ」

ふたつめは「思い立ったら即行動、”いま”やる」

みっつめは「開いていない扉も叩いてみる」

よっつめは「どの道も本気で進むと正解になる」

いつつめは「つらい時ほど笑顔でいる」

むっつめは「楽しいときほどアクセルを踏む、幸せを恐れない」

このくらいかな。

 

ふたつめとみっつめはスプツニ子!さんの「はみだす力」を読んで学んだこと。

おもしろいので是非よんでみてください。

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

はみだす力 (宝島SUGOI文庫)

 

 

よっつめは福島正伸さんの言葉。どこで聞いたかは忘れた。

 

こういう指針みたいなものを決めてても、やっぱり忘れたりぶれそうになったりすることがあるので、わたしはツイッターbotを作ってそこに好きな言葉を登録して、定期的に流すようにしてる。ハッと気づくことがある。

 

 

留学したいと思ったとき、1週間以内には資料を取り寄せてカウンセリングに行っていた。それは「いま」思ったことに意味がある、即行動しなきゃいけないと思ったから。

それに、やりたいと思ってドキドキし始めたら、行動せずにいられなくなるんだもん。

 

普通に就職するか、卒業を遅らせてまで留学するか悩んだとき、わたしは勇気がいる方として留学する道を選んだ。

で、もう決めたから本気で進むと正解になると信じて、向き合うしかない。

(昨日、後輩に「半年くらいで英語喋れるようになります?」って言われたけど、それは本人次第だと思う。変わんないだろと思ってるうちはたぶん変わらないんじゃないでしょうか)

 

 

正直、わたしは薬学部で浮いてる。

薬剤師になりたいと思ってないし、IT系企業、WEB業界に就職したいと思ってるし、なぜか6回生で休学なんかして留学するとか言ってるし、周りから見たらほんとに変な奴だと思う。

まぁそれ以外に人格とかコミュ力の問題もあると思うけど友達も学部内にほとんどいない(さみしい)。

でも他人と違う道を歩いていても、今までのことが全部無駄だったとは思わないしきっとどこかに繋がっていると思うし、自信を持って歩いていたい。

不安になることもあるけど、本気で進んで正解にするしかないし、どこかに繋げるしかない。

 

ということで冒頭のスピーチを思い出した。

今は点を描いている途中。どこかで振り返ったらきっと繋がってるはず。

友達もいないし学部で浮いてても、自分のことは信じていたいな。

 

 

ところで薬学部にいるから浮いてるのであって、環境を変えれば似たような考えの友達もできると思うんだけどどうだろう。笑