女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

本をプレゼントするということ

小さい頃から読書が好きです。

小学生の頃は毎日朝夕図書館に行くほどでした。

その頃はファンタジーが好きで、魔法とかが出てくるような本を夜遅くまでこっそり読んでいて、母に怒られたことも多々。

今の小学生がどんな本を読むのか知りませんけども、私の頃は

低学年だとこまったさんシリーズ、わかったさんシリーズ

中学年で青い鳥文庫夢水清志郎シリーズ、テレパシー少女「蘭」シリーズ

高学年では…なんだろう?ハリーポッター系の海外ものファンタジーとか読み漁ってました。

 

中学高校でもそれは変わらずで、

「ちか」という名前は本名じゃないのですが大好きな小説の主人公からお借りしてます。

山田詠美の「ひざまずいて足をお舐め」です。

 

ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)

ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫)

 

 

 

まぁそれはともかく、わたしは王道という小説をたくさん読んできたわけではないので

本の好みはあまり他人を被らないんですよね。

 

だから好きな本が被っている人に出会えると嬉しい。

今のところ山田詠美を敬愛する人には出会ったことありませんけれども。

 

でも、何より嬉しいのがジャンルは被っていなくても

好きな人に本を貸してもらう、あるいはプレゼントされること。

 

やっぱり好きな本っていうのはその人の価値観とか考え方がわかったり影響されてたりするわけです。

好きな人の好きな本を教えてもらって、読んでみたら

「へぇ、こういうのが好きなんだ」とか

「どんなこと考えながらこれ読んでたんだろう」とか

いろいろ考える。

 

昔、大好きで尊敬していた先輩がオススメの本と言って貸してくれたのが

宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」でした。

 

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

 

 中学生の頃に映画は見たことあったけれど、本を読んでみたらめちゃくちゃ面白かった。

で、この人はこれが好きなんだ〜と少し理解できたような気になったり、価値観を共有できたような気分になって嬉しかったり。

 

あとは誕生日に本をもらったことがありました。

それは新品ではなくて、その人が読んで面白かったと言ってくれたのですが、単純にその人が面白いと思った本をわたしにくれるっていうのが嬉しかった。

 

アイの物語 (角川文庫)

アイの物語 (角川文庫)

 

 これだったんですけど、自分じゃ絶対買わないような本だった。

 

他人にオススメの本を貸してもらうと、自分じゃ選ばないような本にも触れられる。

北海道の小さな書店が、一万円選書というサービスを行って人気を博していましたが、やはり本好きの人が求めてるのはそういうサービスなのかも。

 

スマホ時代、ケータイ小説なんてのも流行して、本を読まない人も多いみたいですが、

わたしはやっぱり本が好き。

 

そして本好きな人と好きな本を共有できたら嬉しい。

あと人として、恋愛として好きな人の好きな本は聞いてみたい。

いろんな本に触れられるし、その人の考えとか価値観とかを知るきっかけにもなるから。

 

先日貸してもらった本には、その人が重要だと思ったらしいところに線が引いてあって、なんだか嬉しくなりながら読ませて頂きました。

 

最近、とある人の感想を読んで読もうと思ったのが

トルストイの「アンナ・カレーニナ」。

んー、時間かかりそう!!

 

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

 

 

カナダ行ったら日本語の本が手に入らないから今のうちに読んでおきたいけども、読みたい本がたくさんありすぎて9月までには無理そうだ。

 

最近読んだ本↓

 

chikanism.hatenablog.com

chikanism.hatenablog.com

chikanism.hatenablog.com

 

広告を非表示にする