女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

バナナについての考察(卒論前でおかしい)

さいきん研究室にバナナを常備した。

土日は弁当を作るのをサボるので昼食にサラダ(コンビニ)とスープ春雨とバナナを食べ、おやつにスープ春雨とバナナを食べ、夕飯にスープ春雨とバナナとサバ缶を食べるような生活をしている(というか、昨日と今日だけだが)。

それもこれも学内のコンビニが閉まるのが早いからだ。しかもお盆期間は閉店する。すなわち食べるものがないので、研究室にスープとかスープ春雨とかサバ缶とかバナナを常備せざるを得ない。

 

ところでバナナは非常に危険な食べ物ではないか?

わたしたちの頭にはふとした疑問が生じた。

 

バナナを研究室のドアの前に不覚にも落としてしまった場合、入ってきた人が踏んで転ぶ可能性がある。それが疲れた学生であったら、死につながる可能性も否定できない。

あるいは凍らせておいた場合、バナナは凶器にもなり得る。研究に疲れた学生が取り乱して、凍ったバナナを振り回した場合…死ぬ可能性も否定できないだろう。

 

そして、今日のわたしのようにバナナを食べすぎた場合。

バナナにはカリウムが豊富に含まれているので、カリウム過多で死ぬ危険はないだろうか?

カリウムはご存知の通り急速静注すると死を招く。(これを利用して死刑者を殺すところとか昔はあったらしい)昔はよく病院でも事故があったようで、今は静注できないような作りになっている。

で、カリウムの致死量は調べてないけどLD50(半数致死量:投与された動物の半分が死に至る量)は2600 mg/kg(経口/ラット)、142 mg/kg(静脈注射/ラット)だそう。(wikipedia調べ)

人間だと静注で1.5gくらいらしい。バナナ1本のカリウム含有量が360mgらしいので、静注だとバナナ4.2本分くらいで死ぬ。

ただしバナナは静注はできないので、実際には4本食べても死なない。バナナは消化され、バナナの中のカリウムが徐々に吸収されて血中に回るはずなので、時間がかかる。

ラットだと経口で2600mg/kgのカリウムが致死量なので、7.2本/kgのバナナが必要だ。ラットは成獣で体重が500g前後らしいので、一気に4本食べさせたら半分は死ぬ計算になる。

もし人間がラットと同じ分量で死ぬとしたら、50kgの人で360本食べなければならない。

つまり、バナナの食べすぎによるカリウム過多で死ぬことはないのだろう。

 

 

 

 

 

わたしは何をやっているのだ。

友人がバナナでモノボケをやっていて、意味わからないくらい笑った。

たぶん、卒論前でおかしくなっているのだと思う。疲れているのかもしれない。

あしたバナナを買い足さねばもう2本しか残っていないようだ。バナナは手を汚さずに食べれて腹持ちが良いので、おやつに良いと思う。

往々にしてバナナはおやつに含まれるかといった議論が繰り返されているが、含むべきだろう。糖質や炭水化物や脂質の多い市販の菓子より、断然身体に良いではないか。食べすぎて死ぬ危険性もない。

わたしは明日からもバナナをおやつに過ごすことになるだろう。おわり。

広告を非表示にする