読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログfromバンクーバー。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

忘れ方を教えて

口づけて 愛し方 教えてくれたなら

忘れ方も 教えてよ

 ーJanne Da Arc 「霞ゆく空背にして」 

 

という歌詞があるのですが。なんとなくたまに思い出します。

これと一緒に思い出すのが

 

どうして君は 嫌いだと もう好きじゃないと

きちんととどめをさして  出ていってくれなかったの

だってそうだろう

終わってもない事だけは 忘れられるはずがない

 ーback number 「透明人間」

 

という歌詞。

 

なんとなく、忘れるのって簡単なようで簡単じゃないなぁって思う。そりゃ忘れてくことも山のようにあるんだけど。

 

 これがわたしだけかどうかわからないのですが、「いつ、どこに、誰と行ったときに着ていた服」とかを結構よく覚えているんです。全部が全部ではもちろんないんですけど、写真に残っていない日のことも憶えてることが多いです。自分の服ね。

初めて会った日に着てたなとか、水族館デートに着て行ったなとか、直前までトップスの色で悩んだなとか、そういう細々した色々を。他のことは簡単に忘れるのにね。わたしは「気に入ったらなんでもいい」スタンスなので、特に服にこだわりも好きなブランドとかもないのに。変ですね。

その点、愛し方は教えてもらってもいないので忘れ方の心配も必要がなくて良いですね。(良くないな?)

 

 

どうでもいいんですがわたしはJanne Da Arcから入ったタイプのバンギャルなので、中学生の頃よくジャンヌを聞いていました。特に思い出深いのは中3のころの研修旅行先のオーストラリアで、ホームステイの家で寒くてベッドに籠もりながら寂しくジャンヌを聞いていたこと。当時はスマホWi-Fiも一般的ではなかったので誰と連絡をとる術もなく、寂しかった本当に…。思えばDry?なんかは当時中学生のわたしには過激だったな。。おわり。

広告を非表示にする