女子大生ちかの徒然

女子大生の脳内お花畑系なブログ。日々感じること考えることを大事にしたい感じ。

たまには疲れた〜って言いたい

自分で決めたことなんだからちゃんと頑張れよ、と思う日々。 やりたいこととやらなきゃいけないことがたくさんあって、勉強もしなきゃいけないし読みたい本もあるし就活の日程のメールしたり休みを確保したりしなきゃいけないし、バイトも山のようにあるし、…

憧れが理由になる人生だった

好きに理由はいらない。のと同じで、わたしのなかでは憧れに理由もいらない。 何かを好きだと言う場合、突き詰めていけば理由はあると思うけど、好きになる理由は嫌いになる理由でもあるので考えすぎないほうが良いと思う。 (余談ですが妹の友人は押しに負…

好きと似合うは別物

わたしはゆるふわロングヘアが好きなんですけど、自分はショートヘアです。よくかわいいモデルさんがやってるみたいなつやつやの茶色のロングヘアを巻いたりアレンジしたりしたいんだけど、結局好きなのと似合うのは別だからね。 好きな服というか着たい服も…

証明写真の自分が誰かに似てた

計画性というものを忘れて生まれてきたので、明日の選考会に必要な履歴書をいま、まさに前日の夜に書き上げたわけだけども、これまた計画性がないので証明写真がないことを今朝思い出し急遽バイト終わりに写真館へ駆け込んだ。 入念に準備するという概念も抜…

夢と現実の境界線

わたしのGWは終わった。あしたからバイト6連勤である。まじかよ。 で、そのGWは栃木県と茨城県へ行ってきた。どちらも初めて訪れる場所。さいきんテレビでもよく取り上げられている、ひたち海浜公園が今回のメインだった。 わたしはそもそもミーハーっぽいと…

運動神経バツグンだったらテニスとかしたかった

今週のお題「部活動」 (ウコン 撮影:京都府立植物園) ウコンがこんな綺麗な花を咲かすなんて知らなかった。お花の写真撮るの好きなので春は楽しい。でも先日植物園に行ったら小学生が写生大会をしていて、あまり近づけませんでした。GWにリベンジしたい。…

面接でよく聞かれること(体感)

今までの面接で絶対聞かれたこととその答え ①なんで留学しようと思ったんですか? サマーインターンの選考とかインターンに行くと他の学部や学校の人によく会って、話していると留学経験者がたくさんいた。わたしも経験してみたいと思った。それには今しかな…

忘れ方を教えて

口づけて 愛し方 教えてくれたなら 忘れ方も 教えてよ ーJanne Da Arc 「霞ゆく空背にして」 という歌詞があるのですが。なんとなくたまに思い出します。 これと一緒に思い出すのが どうして君は 嫌いだと もう好きじゃないと きちんととどめをさして 出てい…

赤い口紅とピンヒール

赤い口紅とピンヒールが似合う女になりたい。 まぁすでに赤い口紅は使っているのですが。お気に入りはクリニークのファイアボールというやつ。ここでシャネルとか言いたいところだけど。 バンクーバーに住んでいたころ、これでもかってほど韓国人に間違えら…

声が出ない

桜(撮影:京都御苑) 声が出ません。まじで。 こんなに声が出なくなったの初めてです。 そもそも喉は弱い方で、声を出し続けるとすぐ喉が痛くなるタイプなんですけど(なぜか占い師さんにも「喉弱いでしょ」と言われたことがある)、酷使しすぎました。 7年…

要領いいねって褒めてる?

体感ですけど面接で「友達など周りの人からはどんな人だと言われることが多いですか?」って質問をよくされます。(よくある質問として上がっているものなのかもしれませんが、無知なのですみません。就活基礎知識が抜け落ちてます) これってハード面かソフ…

ギザ10によって取り戻した純粋な心

バイト中に、レジオープンをしていた18歳の男の子が唐突にわたしを呼んだ。わたしが作業をとめてそちらを振り向くと、彼は眩しいほどの笑顔で続けた。 「ギザ10ありました!!」 だからなんだ、ではない。わたしは24年生きているので、ギザ10を見た回数なん…

今はまだ女子大生

今週のお題「自己紹介」 既にある自己紹介記事ではこんな感じで書いてます。↓ ぴってつけたらかわいく聞こえる気がしてツイッターではちかぴと名乗っています、ちかです。 ぼんやりとスクールカースト最下層な学生時代を過ごしていたらいつのまにか7年女子大…

さくら

(撮影:平野神社) 桜の花が舞い落ちるこの景色を いつか僕たちは並んで見ていた 今ではそのほとんどが嘘になってしまった言葉を 心から伝え合いながら ーー「はなびら」 back number 桜を見るといつもなんとなく思い出す曲がある。back numberの「はなびら…

泣きたい夜の色々

とある人と知り合って話した。別に個人的な出会いではなく、セミナー講師とかエージェントに近い人。 わたしの考え方とかを話して、それに色々言われたんだけど、納得できないというかムッとすることがあって、それ以上になんか言い方に棘があるというか、わ…

春なので新しいバイトをはじめました

(撮影:北野天満宮) 春ですねえ。 去年もなんだかんだお花見をしそこねたので、今年こそはと思っている。土曜日にお花見の予定なのだけれどどうやら雨っぽくて辛い。桜の写真が撮りたい。 今月から本格的にバイトを始めた。今までは毎日8時間以上座ってい…

違和感だらけ

昨日、友人と飲みに行った。彼は特殊な状況にいて、2浪で大学に入り1留したため、わたしと同い年だけど大学生(修士でも博士でもなく学士)というレアな感じで似たような境遇にいる。一個下の後輩で留年した子にも「ちかさんと同じ境遇ですよ!(就活的な…

好きなものがいっぱい

毎日嫌なこともイライラすることもテンション下がることもあるんですが、やっぱり気持ちよく生きてたい。うん。 嫌いなものより好きなものがたくさんある世界のほうが絶対たのしいよね。わたしは基本的に原チャで過ごしているので雨が嫌いですが、嫌いな雨の…

卒業生ぶるのは簡単だった

数日前に、在校生のコスプレをして卒業式に出た、みたいな記事があった気がしますがわたしは卒業生のコスプレをして卒業式に出てきました。袴を着て、写真撮影もしてもらえたので、卒業証書も持たせてもらって。卒業生ですって言っても誰にも疑われなかった…

時間とお金とこころの余裕

数日前、たまたま時間が余っていたのでマッサージに行った。 といってもそんなにハードルの高いものではなく、イオンみたいなところに入っているチェーンのマッサージ店で、20分2160円とそう高くもない。 肩こりも酷かったので悩んだけれど、足裏は身体の全…

他人から見た自分と自分で考える自分の差

自分のイメージとか印象とか、他人から見た自分について他人から聞くことってそうないのですけれど、同じようなことを言われることもあります。 本当によく言われるのが、「書道やってるってすごいギャップだね」ってやつ。誰かと話していると昔の部活の話に…

就活のこととか

個人的な好みなのか他の人もそうなのかわかりませんが、少人数の説明会が好きです。昨日ある会社の説明会に行ったら2人でした。と言ったらヤバそうにも聞こえるけど、もともと少人数制だし場所としても多くて6人くらいを想定していた感じ。 一昨日のところも…

世間知らずと定規を使えない人の話

「アナタは知らないだろうけど、世の中には定規の使い方も知らない人間がいるんだよ。教えるとか教えないとかそういう問題じゃない。とにかく使えないんだ。」と、昔の恋人は言った。 彼がわたしを「アナタ」と呼ぶのはおどけて言うときなので、別にシリアス…

今週のどうでもいい話いろいろ(3月2週目)

今週のどうでも良い話 1、服のこと バンクーバーには半年分の服を持っていけるわけもなく、そして海外にはあまり良い服が売っておらず(なんとバンクーバーにはユニクロもない)、OLD NAVYで買った不可はないニットをメインに5、6枚を毎日着まわしていた。…

行動しないと結果が出ない

今日とある社長さんのスピーチを聞いたんだけど、おもしろかった。 眠くなるかなって始めは思ってたけど、想像以上におもしろくて。行動力って大事だなと。 その人はやりたい仕事をやるために、募集されてない会社にも手紙送ったりメール送ったり、電話した…

生憎空は、雨

雨というか雪である。 「きみはラッキーだ」そう言ったひとがいた。 「雪はレアだよ」と。 バンクーバーは雪があまりふらない。前の冬は、1回しか雪が降らなかったらしい。なのに今年はなんだ。3月なのに、雪である。 アメリカ旅行へ行く前、天気が良かった…

TOEICの結果が返ってきた

先日受けたTOEICの結果が、遊び回っているあいだに返ってきてました。 結果は… 845点。 ちなみにリスニングが445でリーディングが400でした。1年半前に受けたときがリスニング335でリーディングが240だったので、伸び率としてはリーディングのほうがいいです…

もうすぐ現実に帰る

THE 虚無感喪失感欠落感。 アメリカでのバケーションを終え帰国(カナダに)したわけですが、寂しくて仕方ない。一人でなんでも出来るしどこでもいけちゃうはずなのに。一人って気楽だから好きだけど、ある程度ワガママを言える相手なら長い時間一緒にいても…

今年もまた、見送る側だ

6年制の学部に通っているため、他人を見送る機会が他の人より多い。しかも留学のために1年卒業を遅らせたので、薬学部の同期の卒業をも見送ることになってしまった。 わたしは中高大の一貫だったので、中学や高校の卒業式は大して卒業感がなかった。とはいえ…

夢のつづき

たぶん、まだ夢をみている。 晴れ渡った空に、降り注ぐ日差し。昼は半袖でも暑いのに、夜は肌寒い。ちょうど心地よいくらいの気候だ。わたしの大好きな、夏のような日々。といっても、ここでは今も冬らしい。 カナダからのほうが近いからという理由で、学校…